イヤホンのレビューするかもしれない。

ファガイがイヤホンやヘッドフォンなどのレビューをするかもしれないブログ

1216.ears 3RMをレビューします。

一部の界隈では有名な1216.earsの3RMのレビューとなります。
私は2016年10月末頃に注文して11月の中旬には手に入れていたのですが正直どうレビューしたらよいか分からずずっとモミモミしてました・・・。
4RMがもう出るっていうのに。。。SD6を買ってから比較が出来るような状態にもなったのでレビューしていきます。

f:id:fagai:20170511002051j:plain

このメーカーに関して

さきに幾つか書いておく必要があったので。
1216.earsは香港にあるガレージメーカーです。大きなメーカーではなくて、ほぼ個人でイヤホンを制作されています。
ここのイヤホンは色等のカスタマイズが可能で、自分だけのイヤホンを作ることが可能です。(完璧な色を指定することは出来ませんがある程度は対応してくれます)
カスタムにも対応しているらしいのですが私が当時注文したときは日本からのカスタムは受け付けていませんでした。

Gallery

f:id:fagai:20170626073216j:plain L側をライトブルー/ロゴ有り/銀粉で、R側をライトレッド/金粉でMMCXプラグで制作してもらいました。
非常にビルドクオリティが高く、綺麗です。

f:id:fagai:20170626073411j:plain 綺麗です。

仕様

  • 詳しい仕様に関しては公表されていませんが、UE Reference Monitorを意識したモデルです。
  • 3BA(目視で見る限りでは恐らくEDx2とCIx1です。)
  • 使い勝手の良いケーブルも付属してます(大抵の方はリケーブルしちゃってますが

レビュー

いままでShanling M1で評価をしていましたが、Shanling M2sを購入したためこちらとTopping NX3を接続した状態での評価です。

  • 中高音メインのイヤホンです。フラットに近いです。低域も一応出ますがそれほど出ません。
  • 解像度が結構高いです。
  • 音場は普通より広め。上下に広がります。
  • 刺さることはありません。(fripSideの曲が刺さるかどうかで判断しているとか・・・?)

全体的に中高音が良いです。ボーカルも結構近いですね~。
バランスもよく、様々なジャンルの曲に合いそうな気がします。
それほど欠点は見当たらないですが、低域はもう少し欲しい感じはしちゃいますね。

7段階評価

正直この7段階評価、不要な気がしてきました。
とりあえず参考程度に。

  • 高域:★x7
  • 中域:★x6.5
  • 低域:★x6

曲によっては非常にマッチします。特に私がよく聴く小倉唯さんの曲は結構マッチしますね~。
高域の解像度が、持っているイヤホンの中では一番高いです。

買いたい

買いたい場合はfacebookから直接やり取りを行う必要があります。

https://www.facebook.com/1216.ears.hk/

基本的には英語のやり取りを行う必要がありますが、最近は日本語でもある程度対応されているようです。 英語のほうがおそらく早いかと思われます。 (以前と比べると非常にやりとりもしやすくなったようです)

なお、最近公式ツイッターアカウントが出来ました。こちらは結構日本向けにツイートをされている雰囲気です。 時期によっては割引なども告知されるのでフォローしておくと良いでしょう。

twitter.com